ワンランク上の暮らし

瓦屋根の家

分譲賃貸は希少性があり、空室が出た時にもすぐに埋まってしまう事がありますが、それだけ分譲賃貸の人気が高いという事です。 一般的な賃貸と比較してどんな点が優れているのかと言いますと、分譲賃貸は物件としてのランクが高いのが魅力と言えます。分譲賃貸とはオーナーが購入した一室を貸し出しているお部屋の事ですが、基本的には住み続ける事を前提に作られています。その為、賃貸用として建てられた物件よりも防音性が高かったり、ワンランク上の設備が導入されている事が多いのです。要は賃貸用に作られた物件よりも快適な生活を送り易くなっているのが魅力と言えます。 賃貸用の物件と比較すると家賃は高めになっている事が多いのですが、快適性を求めるのなら狙ってみるのも良いのではないでしょうか。

賃貸物件には、賃貸専用物件と分譲賃貸物件に大きく分類されます。 賃貸専用物件は元々賃貸住宅としてオーナーが貸し出しやすい物件を想定して設計されている物件であり、建設コストをできるだけ安くすることを意識して造られています。そのため、採用される住宅設備や内装建材は汎用品であることが多く、高級感がある物件はごく少数となっています。 それに比べて、分譲賃貸の物件は、元々ファミリー向けや完売できるように広告費もかけている物件となっていますので、その分譲賃貸物件が建設された当時の最新設備が導入されています。そのため、築浅の分譲賃貸物件であれば、最新の設備を利用することができるメリットや、固定資産税の支払い義務もないという利点があります。